あなたの知らないお酒に出会うメディア

ビール・発泡酒・新ジャンルの違いって?みんなが知らないビールとの違いをご紹介!

ビール・発泡酒・新ジャンルの違いを知っていますか?最近は発泡酒や新ジャンルの商品が続々出てきており、ビール以外の選択肢が豊富になってきています! ビール以外の商品を飲む機会があまりないので今回はビール・発泡酒・新ジャンル3種類の違いをわかりやすくご紹介致します。

ビール・発泡酒・新ジャンルの違い

改めて聞くと「ビール・発泡酒・第3のビールの違いって何なんだろう?」
と思う方も少なくないのではないでしょうか

そんな方にわかりやすく
3種類の違いを細かく説明していきます!

ビール

まずは代表格のビール

ビールの定義としては下記の内容になります

麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの。
(アルコール分が20度未満のもの)
また、麦芽比率が50%以内のものに限る

主にこのような商品が該当がします

ザ・プレミアム・モルツ(サントリー)

ザ・プレミアム・モルツの詳細はこちら

一番搾り生ビール(キリン)

キリン 一番搾りの詳細はこちら

その他にも海外の有名なビールだと

ハイネケン(Heineken)

ハイネケン(Heineken)の詳細はこちら

ギネス(GUINNESS)

ギネス(GUINNESS)の詳細はこちら

発泡酒

次に発泡酒はどのようなものかというと、

麦芽や麦を原料の一部とした発泡性を有するアルコール分が20度未満の酒類で
市場で販売されているアルコール分が10度未満で麦芽重量が25%未満のものを指す。

※ビールでは認められていない副材料を使っているものや麦芽使用率が66.7%未満のものが発泡酒

主にこのような商品が該当がします

淡麗 極上生(キリン)

キリン 淡麗 極上〈生〉の詳細はこちら

極ZERO(サッポロ)

サッポロ 極ZEROの詳細はこちら

第3のビール

そして新たなジャンル 第3のビールとは

ビール、発泡酒以外の酒類で発泡性を有するアルコール分が10度未満のものです。

第三のビールとは各種メディアによって作られた用語であり
ビールにも発泡酒にも属さないようにするため、原料を麦芽以外にする「その他の醸造酒」
発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜる「リキュール(発泡性)」などの手法が用いられています。

主にこのような商品が該当がします

のどごし生(キリン)

キリン のどごし生の詳細はこちら

金麦(サントリー)

サントリー 金麦の詳細はこちら

まとめ

以上がビール・発泡酒・第3のビール(新ジャンル)の違いです。
普段みなさんが飲んでいるビールはどのビールでしたでしょうか?
気になる種類のビールがあれば是非挑戦してみてください!

関連記事

こちらの記事もおすすめ