あなたの知らないお酒に出会うメディア

甲類?乙類?以外に知られていない焼酎の違いをご紹介!

甲類や乙類、そして芋焼酎や黒糖焼酎など焼酎には様々な種類があるのはご存知でしょうか?麦焼酎や芋焼酎だけではない焼酎の魅力や味の違いなど、あまり知られていない焼酎の違いを種類別にご紹介し焼酎をのむきっかけとなるようなご紹介を致します!

焼酎の種類

焼酎の瓶に焼酎甲類や焼酎乙類(本格焼酎)と表示されているのを見たことはないでしょうか。
焼酎は酒税法上、製造方法によって甲類と乙類の二種類に分類されています

甲類とは

連続式蒸留機で蒸留され、アルコール度数が36度未満のものを指し、無色透明で焼酎独特の匂いも弱く、さっぱりとした口当たりが特徴です。
酎ハイやサワーに使われている焼酎は焼酎甲類です。

乙類とは

単式蒸留機で蒸留されたアルコール度数が45度以下のものを指します。
味わいの深さと香りの高さ、これこそが甲類焼酎の特徴で素材の旨みを存分に引き出すように造られています。
乙類と表記されることは少なく、本格焼酎と表記されることがほとんどです。
以後、この記事では焼酎乙類を本格焼酎と表記します。

今回はメジャーな5種類の本格焼酎について紹介していこうと思います!

麦焼酎

原料はウィスキーと同じく麦を使用していて、麦の香ばしい香りがして、すっきりとした軽い口当たりながらもキリッとした味わいです。ウィスキーが好きな人には馴染みやすいかもしれません。

芋焼酎

さつま芋の芳醇な甘い香りと香ばしさが特徴で、飲む人に対し強い印象を与えます。これは愛飲者には魅力であると同時に苦手な人にとっては好みに向かない、人を選ぶ本格焼酎とも言えるでしょう。

米焼酎

原料は日本酒と同じく米を使っていて、原料を糖化させるために使われる麹も元は米なので、米焼酎は米と水だけでできた酒ということになります。爽やかでフルーティな味わいがあり、本格焼酎の中でも最も飲みやすいと言われており焼酎の入門にはもってこいです。

黒糖焼酎

黒糖と主に米麹を利用して仕込まれる種類の焼酎となります。黒糖焼酎は奄美諸島以外での製造は禁止されているので、奄美諸島の超レアな特産品と言えるでしょう。黒糖独特の香りと甘い味わいが特徴です。甘いと言っても風味が感じられる程度ですっきりとした味です。焼酎ですから当然糖分は一切含まれていません。そのため女性にも人気の本格焼酎です。

アキさん(@aki4190)がシェアした投稿 -

泡盛

原料は米と黒麹で作られていて米焼酎に分類されるのかと思いきや、それは間違いなのです。泡盛とは次の条件を満たした本格焼酎のみを泡盛と呼びます。その条件はというと

・二次原料を用いず米麹、水のみで造られていること
・泡盛菌という沖縄県原産の黒麹を使用すること
・麹原料はタイ米を使用すること
・単式蒸留であること
・仕込みは1回だけの全麹仕込みであること

この5つの条件を満たしたものを泡盛と呼びます。
ガツンとした香りを残した独特の透明感のある味わいです。ややクセが強いのか好みが分かれます。

Kensukéさん(@jpksk)がシェアした投稿 -

変わり種

さて、5種類の本格焼酎について紹介させてもらいましたがいかがでしたでしょうか?
今回は紹介出来ませんでしたが、栗を使ったものや牛乳やトマト、中にはまたたびを使ったものなど変わり種もあるので自分に合った好みの本格焼酎を探してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

こちらの記事もおすすめ

Medium official  6  min

【高橋みなみさんとAKB48峯岸みなみさん出演!】TOKYO FM 日本酒造組合中央会presents本格焼酎&泡盛の日SPECIAL DAY『高橋みなみの「これから、何する?」』イベントレポート

TOKYO FM 日本酒造組合中央会presents本格焼酎&泡盛の日SPECIAL DAY『高橋みなみの「これから、何する?」』イベントレポート。TOKYO FMでは、本格焼酎&泡盛の日である11月1日(木)13時から、TOKYO FM日