あなたの知らないお酒に出会うメディア

ワインが飲みきれない時の必需品!ワインストッパーって何?

ワインなどのお酒はどうしても飲みきれないどうしても飲みきれないこともありますよね。そんな時におすすめなシリコンやゴム製のワインストッパーがあるのです。保存期間が長くなる味も香りも保てるだけでなく、デザインも使い勝手も良いすぐれものなのです。

ワインストッパーとは

お酒は好きな時にその日の気分や体調でゆったりと飲みたいものですよね。

でもワインみたいに量が多いものは、開封後飲みきれないこともあるので、買うのをあきめたことはありませんか?

開け方が悪いとコルクが分解されてワイン漬けになってしまい、もう栓としては使えなくなってしまうこともありますよね。

そんな時におすすめするのがこの「ワインストッパー」です!
ワインストッパーをすることで酸化を防ぎ味を長期間保つことが可能になります。
 

コルク栓にこだわる理由

昔ながらの「天然のコルク栓」は微量の空気を通すので、ワインの熟成には適していますが、年々天然のコルクの栓に適した樹が減ってきてるためコルク栓も減っています。

せっかく買った高級ワインを長く楽しむために「コルク栓」をうまく開けられなくても気にならない、オススメな「ワインストッパー」があります。

どんなワインストッパーがあるの?

昔ながらの「天然のコルク栓」は飲みきれなかったワインの栓として再利用すると、3日ぐらいはもちますが、栓を抜いたとたん膨張する炭酸ガスの入った「スパークリング・ワイン」などには向いていません。

オシャレでいろいろな種類があるシリコンやゴム製の「ワインストッパー」は、手入れや栓の開け閉めがしやすく、炭酸ガス入ったワインでも空気を抜いて栓が出来るので、開封後の酸化や味や鮮度を保つために密閉性や耐久性や横になってもワインがこぼれない機能性に優れているのです。

定番のボトルストッパー

ボトルに差し込むだけですが、機密性はしっかりとはしています。
壊れにくく、手入れがしやすいので衛生的です。

使いやすい グローバル カラー ワインストッパー&ポアラー

このワインストッパーのいい所は、ワインボトルを傾けるだけで、ワインを注ぐ事が出来ます。

栓を開け閉めする手間がなく、しかも液だれしにくいので、ワインが注ぎやすいので、テーブルやワインのラベルなどの汚れ対策が万全なのです。

tyukidさん(@tyukid)がシェアした投稿 -

注ぎやすい OXO オクソー ワインストッパー&ポワラー

ボトルに脱着がしやすく、レバーの上げ下げで栓の開閉が出来るので扱いやすく、空気を取り込みながら注ぐデザインの注ぎ口なので、急にワインが飛び出たりしないのです。

真空タイプ VACUVIN バキュバン

手動で空気を抜くタイプのストッパーなので、完全な真空状態には出来ませんが、音の変化で空気の抜け具合を確認するとよいでしょう。

コルク栓よりワインが酸化しにくく、一週間ぐらいは持ちます。

かぶせるだけのすぐれもの AntiOx アンチ・オックス

アンチオックスは扱いが簡単で、ワインボトルにフタをするだけで酸素がなくなる仕組みなので、空気を抜く間がないのです。

ただ酸素を吸着するカーボンフィルターの機能が落ちるとただのフタになるという欠点があります。

@ogu23yasuがシェアした投稿 -

電動式ワインセーバー DENSO デンソー ワインセーバー

手動で空気が抜けているか不安な方や、手に力がない方におすすめなのが電動式のバキュバンです。

使い方は簡単でワインボトルにセットするだけで、自動的に空気を抜いて真空状態にします。

電池を使用するため途中で切れる事があるので、予備の電池を用意してから使用するとよいでしょう。

まとめ

以上がワインの酸化を防ぎ味を保つための「ワインストッパー」のご紹介でした!

他にも、ワインストッパーが使いづらい、栓をしても酸化が心配な方に便利なパック詰めタイプの「ワイン保存容器」やシャンパンなど炭酸を含むワイン用の加圧式ストッパーなどがあります。

自分の飲むペースや使い勝手の良いものを見つけてより長くワインの味を楽しんでください!

関連記事

こちらの記事もおすすめ