あなたの知らないお酒に出会うメディア

カクテルの作り方の1つ「ステア」の紹介とステアカクテルのオススメ!

あなたはよくカクテルを飲みますか?カクテルは種類によって作り方が違います。その中でも今回は「ステア」という作り方をご紹介すると共に、ステアで作ったおすすめ「ステアカクテル」を複数レシピと共にご紹介します!

あなたはよくカクテルを飲みますか?カクテルは種類によって作り方が違います。そして、その作り方の1つにステアというものがあります。

ステアカクテルとは

カクテルのそれぞれの作り方の特徴

カクテルは作り方によって「ステア」、「ビルド」、「シェーク」、「ブレンド」に分けられます。

ステア

ステアとは、ミキシンググラスといわれるステア専用のグラスの容器に氷を入れ、
その中に材料を注いだ後、バースプーンを使って氷とあらかじめ冷やしておいた材料をかき混ぜ、冷やしながら作る技法です。

混ざりやすい材料同士を混ぜる場合に用いられます。ベースの味やアルコール度数を保ったままのカクテルに向いているのでキリッとした口当たりが特徴です。

ミキシンググラスはこちら

ビルド

ビルドとはグラスにそのまま注いでカクテルを作ることです。一般的にお酒+多量のジュースで割るロングカクテルに使われます。

お酒の強さをダイレクトに感じるのでショートカクテルにはほぼ使われないです。7層に分かれたカクテル『レインボー』が有名です!

シェーク

シェーカーに材料を入れ、氷を入れて蓋をして、しっかりと振り材料をよく混ぜて、冷やします。空気が細かく入るのでアルコール度数の高いお酒も口当たりがまろやかになって飲みやすいです♪混ざりにくい材料同士を混ぜる場合に用いられます。

シェーカーはこちら

ブレンド

ブレンドとはブレンダー(ミキサー)に材料とクラッシュアイスを入れ混ぜる技法です。主にフローズンカクテルに用いられます。ヘミングウェイが好んだカクテルとしても有名な『フローズンダイキリ』が代表的です。

ステアに必要な道具

  1. ミキシンググラス →材料を混ぜるときに使います。
  2. ストレーナー →ミキシンググラスの縁にはめて、中の氷を押さえてカクテルを注ぐときに使います。 ※ミキシンググラスとストレーナーが無い場合はシェーカーでも代用できます。
  3. バースプーン →柄が長くよじれているので、材料を混ぜやすいです。反対側はフォークとして使います。
  4. メジャーカップ →スピリッツの量を計るときに使います。一般的には30mlと45mlがセットの形がメジャーです。

カクテルセットの詳細はこちら

有名ステアカクテルの特徴とレシピ

マンハッタン

世界で最も有名なカクテルのひとつ『マンハッタン』は“カクテルの女王”として”カクテルの王様”『マティーニ』と並び称されています。見かけは美しくほろ苦い甘口ですが、アルコール度数は35度と結構高いカクテルですので飲み過ぎにはご注意ください…
※ウィスキーをベースに作られるカクテルです

@kyaeenがシェアした投稿 -

<作り方>

材料
ウィスキー 45ml
スイートベルモット 15ml
アンゴスチュラ・ビターズ 1ml
  1. 上記材料をミキシンググラスに入れて、氷と一緒にステア
  2. ストレーナを使ってカクテルグラスに注ぐ。
  3. マラスキーノ・チェリーを1粒カクテルピンに刺して静かに沈ませて完成です

Maiさん(@mybigstone)がシェアした投稿 -

スイートベルモットをドライ・ベルモットにし、チェリーをオリーブに替えると『ドライ・マンハッタン』

チェリーではなくパセリを浮かべると『セントラル・パーク』
ベースをスコッチウィスキーに替えると『ロブ・ロイ』など、アレンジがかなり効くカクテルです。

バンブー

ワインをベースとしたカクテルで辛口の日本酒に似た味に仕上げられたカクテルです。さっぱりとした味わいは食前酒向きです!

材料
ドライ・シェリー 40ml
ドライ・ベルモット 20ml
オレンジビターズ 1ml

<作り方>

  1. 上記材料をミキシンググラスに入れ、氷も入れてステア
  2. ストレーナを使ってカクテルグラスに注ぎます
  3. お好みでオレンジの果皮から香油を飛ばして香り付けをしたら完成です

ドライ・シェリーの詳細はこちら

ドライ・ベルモットをスイート・ベルモットに変えればアドニスというカクテルになります。

ラストサムライ

日本酒をベースにしたサムライを、アレンジしたカクテルです。透明に近い薄緑の層の下に沈むように赤い層が広がっていて、戦場で戦った兵士が流した血をグレナデン・シロップで表現しています。最後の最後でざくろの風味が口の中に広がります!

材料
日本酒 40ml
ライムジュース 20ml
レモンジュース 1ml
グレナデン・シロップ 2ml

<作り方>

  1. 上記材料(グレナデン・シロップ以外)をミキシンググラスに入れて、氷もいれて冷やしながらステア
  2. ストレーナを使ってカクテルグラスに注ぐ
  3. グレナデン・シロップ2mlを垂らして完成です

※100%ライムジュースを使う場合は10mlで作った方が酸っぱ過ぎにならずおススメです!

まとめ

何種類かご紹介しましたが、ここでは書き切れない位たくさんのステアカクテルがあります。一緒に入れるお酒を変えるだけで色も香りも味も全く違う顔を見せてくれます!バー巡りをしたりして、より一層カクテルに興味を持ってもらえると嬉しいです!

関連記事

こちらの記事もおすすめ