あなたの知らないお酒に出会うメディア

赤ワインの染みが、、、そんな時にすぐ対処できるワインの染み抜き方法! 

ワインの染み抜きは大変と思われるかもしれませんが、自宅でも出来る方法があります。少し手間はかかりますが台所洗剤や漂白剤などよく使うもので出来る方法ですので、試して見てください。外出先でも使える便利な染み抜き剤でステインペンというものもあります。

ワインの染み抜きは大変!?

222594412662aa966950e70cf8f158fd.jpeg

自宅でワインを楽しんでる時に、ワインが服やカーペットやソファーなどについたら相当困りますよね…

最近では「ステインペン」という便利なしみ抜き剤もありますが、洗剤などで出来る対処方法や応急処置をご紹介します!

ワインが染着したら…

4ae6f055009e8d172f0996184a720db9.jpeg

ワインなどの「水溶性のシミ」は、付着したあと素早く水洗いをしておくと、洗剤である程度は落とすことが出来るので真っ先に水で濡らすことをオススメします!

※カーペットやソファーなど水洗いが出来ないものはタオルやティッシュなどで対処します。

ただし、ウールは水や濡れてる時の温度差でちぢみやすいので、注意が必要です。

素早く水洗いをする

0fcc75def5ee8086f50c546823e041d4.jpeg

ワインが付着した部分に水をつけて、もみ洗いをしてから洗剤を入れて洗濯すると落ちやすくなります!

水洗いが出来ない場合

15ece001e60cf4bfff025c751cb78ff1.jpeg

応急処置になりますが、ティッシュやタオルを濡らし、ワインの付着したところに軽く押しつけるようにして、タオルやティッシュ、ハンカチにワインを染み込ませます。

@mai_wedding1705がシェアした投稿 -

ワインのシミがとれてきたら、水をとるために乾いたタオルやティッシュ、ハンカチなどを軽く押し付けて水をとり自然乾燥します。
カーペットやソファーなどは洗濯は無理ですが、出来るものは洗剤で洗濯するのがオススメです!

洗剤などを使ったしみ抜き方法

1f8ea0baeffd67b0b9665ce3d0cf2b7f.jpeg

水洗いをして、洗剤で洗濯してもワインのシミが落ちない場合は「しみ抜き」をします!

ソファーやカーペットはしっかりと湿らせたタオル、歯ブラシなどに洗剤などを少量つけて、何度も軽くトントンとたたいて浸透させます。

台所用洗剤・無蛍光洗剤・中性洗剤をつける

ed336a77386d2062b2331f39d578e4d3.jpeg

いろいろな洗剤がありますが、「台所用洗剤」でしみ抜きする時は「中性」のものを使用します!

「アルカリ性」だと生地の素材によっては変色や色落ち、薄くなったり、溶けたりする場合があるためです。
※しみ抜きの時に蛍光剤の入った物を使用すると色落ちする場合があるので、「無蛍光洗剤」が良いと思います。

ka_chiさん(@mya___k)がシェアした投稿 -

アルカリに弱い繊維、絹、ウール、カシミヤ、ポリウレタン、トリアセテート、アセテートなどは「中性洗剤」を使用します。

洗剤でしみ抜きする時は、シミの部分にタオルや歯ブラシに洗剤をつけて何度も軽くトントンとたたいて浸透させます。

塩を使って落とす

a19bc04c699de64d7493901bf7bde9fa.jpeg

「赤ワイン」に有効な方法です!

シミのついたら部分とそのまわりのシワを伸ばしてから「塩」をかぶせるようにして振りかけて置いときます。

時間がかかる方法ですが、終わったら掃除機などでしっかりと「塩」をとります。
カーペットなど洗えないものには良いかと思います。

オキシドール

98a593548ca3ff3901c087c01500ce0f.jpeg

頑固な「赤ワイン染み」におすすめな方法です。

オキシドール200ccと食器用洗剤小さじ2杯を混ぜ、赤ワインのシミがついてるところの裏に乾いたタオルやテッシュなどを置いてしみ抜きします。
しばらく置いとくと乾いたタオルやテッシュに赤ワインが移ります。

白ワインor炭酸水

昔から使われている方法です。
シミの部分にタオルや歯ブラシに白ワインか炭酸水をつけて、何度も軽くトントンとたたいて浸透させます。

いろいろな方法がありますが、シミ抜き後はしっかりと水洗いします。

汚れが落ちなかったら最終手段

漂白剤は衣類などの繊維が痛みやすくなることがあり頻繁に使わない方がよいですが、
頑固なシミ抜きにはは漂白剤がおすすめです!

※色落ちする危険がありますので、目立たない部分で試してから使用して下さい。

漂白剤につけこむ

7eee6d18825a5915a5656b629414f1fd.jpeg

漂白剤は色々な種類がありますが、水を張った桶などに「酸素系漂白剤」を入れて、軽く混ぜてから衣類などをつけこみ洗濯をします。

頑固なシミや時間がたったシミの時は歯ブラシに「酸素系漂白剤」を少しつけて、シミになった箇所を何度も軽くトントンとたたいて浸透させます。

漂白剤の代わりに重曹を使う

3f1cf841bc40477c9ae83ccfef0ecd97.jpeg

シミがついてすぐの時におすすめの方法です。
シミのついたら部分とそのまわりのシワを伸ばしてから重曹をかぶせるようにして振りかけ、熱湯をかけます。

漂白剤や重曹でシミ抜き終わったら水洗いします。
漂白剤と重曹は危険なので混ぜて使用しないで下さい。

最後に洗濯機で洗って完了 

223a777f0083f3159128d0ef33b92b20.jpeg

染み抜き完了後にすぐ洗濯をする。

ソファーやカーペットはしっかりと湿らせたタオルなどを使って、何度も軽くトントンとたたいてしっかりと水気をとり、カビなどを防ぎます。。

水溶性の汚れに…

ワインのシミ抜きだけではなく、醤油やジュース、コーヒー、紅茶など水溶性の汚れにもおすすめな方法です。

自宅で洗えないもの、高価なものや素材によっては無理せずクリーニングへだすのが一番おすすめですが緊急の場合は上記の方法を試してみてください!

関連記事

こちらの記事もおすすめ