あなたの知らないお酒に出会うメディア

知らないと損!【ホテルやレストランでのワインのテイスティング方法】

ホテルやレストランでのワインのテイスティングとは、何のためにするのでしょうか?自分の好みの味かどうか味見をするため?いいえ、違います。ここでは、ワインのテイスティングは何のためにするのか?ホテルやレストランで恥をかかないためのテイスティングの手順を紹介します。

ホテルやレストランでのテイスティング

ホテルやレストランでワインをボトルで注文したら、ソムリエさんが「こちらのワインでよろしいでしょうか?お味見をどうぞ」とワイングラスを差し出されることがあると思います。

『あなたにこのワインの味が分かりますかな?』と試されているようで、恐怖の味見タイムと言えるでしょう…この恐怖の味見タイムを経験した人も多いはず…!

テイスティングを求められる本当の理由は、ソムリエさんからの挑戦…!なんてことではなく、きちんとした理由があるのですけどね(笑)
じゃあ、本当の理由は何なのでしょうか?そして、ホテルやレストランでのワインのテイスティングにルールやマナーはあるのでしょうか?

ca19e3c3767dc0e06303cdd710a9bb99.jpeg

ホテルやレストランでワインのテイスティングを求められる理由とテイスティングの手順

ホテルやレストランでのワインのテイスティングは、正式には『ホスト・テイスティング』と言って、、一般的には年長者やテーブルのホスト(主催者)だったり、エスコートしている男性が行う事が多いです。

d7e9eb96e78e792f0c4432c96beb34e1.jpeg

ワインのテイスティング手順は状況によって変わる?!

テイスティングには、一連の手順があります。ところが、この手順はホテルやレストランなどのマナーを重視する格式高い席自宅などで気軽に楽しむプライベートな席では同じではありません。なんて紛らわしいのでしょうか…

自宅などで気軽に楽しむプライベートな席でのテイスティングの手順はこちらです。https://cheerfull.jp/articles/70/

ac9ed6d7344db732d70d36445320f51f.jpeg

ホテルやレストランでテイスティングを求めらる理由

ホテルやレストランの席での、ホスト・テイスティングの目的は、お金を払う人=ホストが、おもてなしをされる人=ゲストに注文したワインが悪くなっていないかどうか品質を確認するためのものです。間違っても、自分の好みの味かどうかの確認ではありません!

93f6fe967d240421ec614b9e0ccc92f1.jpeg

ホテルやレストランの席でのホスト・テイスティング手順

  1. コルクを空ける前に「こちらが〇〇(ワイン名)でございます」と言われるはずですから、オーダーしたワインかどうかきちんとラベルを確認をしましょう。

  2. 抜かれたコルクに割れや、変な臭いがしないか確認しましょう。
    コルクに異常があれば、ワインも異常があると判断できるため、すぐに別の悪くなっていない新しいボトル(同じ銘柄、同じヴィンテージ)に無料で取り換えてくれます。
    基本的にコルクのチェックは、ソムリエさんがすべて対応してくれるため、お任せでも問題ありません。

  3. グラスに注がれたら、グラスの脚を持って斜め45度くらいに少し傾けて、中身の色を確認をしましょう。それと同時にワインにごみが入っていないか、異常なにごりはないか見て確認しましょう。

  4. テイスティングで最も重要な香りの確認をしましょう。ワインらしくない変な臭いはしないか、コルク臭はしないかなどです。
    グラスの脚を持ったまま静かに2~3回回します。(この動作をスワリングと言います。)
    なぜグラスを回すのかというと、ワインにわざと空気に触れさせることで酸化が進み、いい香りと味へ変化させるためです。

  5. ティースプーン1杯くらいの少量を口に含んで、鼻から軽く息を抜くと口の中に香りが広がります。
    ※ワインを口に含む時に、空気を一緒に吸い込んでチュルチュルと音を立てるのは、マナー違反ではなくプロのソムリエさんの技の一つですが、ホテルやレストランでやるのは雰囲気を壊してしまうのでやめておいた方が良いでしょう。

  6. 特に異常がなければ、「結構です」などとソムリエさんに会釈すれば、テイスティング完了です。

240745488f6a90466bd4589492afbc61.jpeg

まとめ

ワインのテイスティングには手順が色々とありますが、その根本にあるのはワインを味覚だけでなく、視覚や嗅覚でも楽しむためです。その根本を理解して、より一層ワインを楽しみましょう♪

関連記事

こちらの記事もおすすめ

Medium syouyusasi

Twitterでひそかに話題になってる?!醤油さしみたいなお魚ボトルの赤ワイン!

醤油さしみたいなお魚ボトルの赤ワインのペッシェヴィーノ ロッソはイタリアウマニ・ロンキ生まれのテーブルワイン。低価格でのみやすく、いろいろなお料理やシチュエーションに合わせやすいワインで、かわいいボトルはワインを飲んだあとも楽しめるユニーク

Medium wines 1694088 640

友人や家族と楽しく【自宅での正しいテイスティング手順】

ワインのテイスティングには、シーンによって目的も手順も違ってきます。今回はマナー重視なホテルやレストランでのテイスティング手順ではなく、友人や家族とと言った気軽なプライベートなシーンでのテイスティング手順をお届けいたします!

Medium evening 1843774 640

【母の日特集】cheerfullおすすめ!見た目が9割!?お洒落なギフトボックスのお酒特集!

毎年5月の第2日曜日は母の日ですが、毎年プレゼントに迷ったり気づいたら母の日が過ぎていた、、、なんてこともあると思います。今回はcheerfull(チアフル)がおすすめするギフトボックスがお洒落なスパークリングワイン&シャンパンをご紹介致し

Medium bouquet of roses 1246490 640

【母の日特集】cheerfullおすすめ!お酒✖◯◯のプレゼントをご紹介!

毎年5月の第2日曜日は母の日ですが、毎年プレゼントに迷ったり気づいたら母の日が過ぎていた、、、なんてこともあると思います。今回はcheerfull(チアフル)がおすすめするお酒✖◯◯のギフトセットをご紹介致します!是非プレゼントしてみてくだ

Medium 0c58f3a4

スペインで発売された青いワインGik(ジック)が日本でも解禁?!贈り物におすすめな幸せを呼ぶ青いワインをご紹介!

スペインで発売された青いワインGik(ジック)が日本でも2017年5月に解禁?!天然色素「アントシアニン」と、植物由来の「インジゴ」染料を使用した甘いワインや、結婚式やパーティー、クリスマスプレゼントなどのお祝いごとにオススメな幸せを呼ぶ青

Medium wine bar 2139973 640

どう違う?JSA(日本ソムリエ協会)とANSA(日本ソムリエ連盟)で取るワインの資格

ワインの資格を取るには、JSA(日本ソムリエ協会)とANSA(日本ソムリエ連盟)という2つの団体が主催している試験をする必要があるって知っていましたか?ソムリエにも種類があり、実務経験の有無や資格を取得した後に何をしたいかでどの資格を取るか