あなたの知らないお酒に出会うメディア

ブランデーを買う前に知っとくべき!コニャックとアルマニャックの違いとは?法律によって変わっている原酒の混合率?!

ブランデーといえばコニャックとアルマニャックが有名ですが、この二つの違いは意外と知られていないようです。どちらもぶどうを原料としたブランデーですが、同じ等級でも熟成年数や等級の基準が異なるのです。コニャックのやわらかい感じ、アルマニャックは少し荒っぽい感じの味が特徴です。

ブランデー通なら知ってるコニャックとアルマニャックの違いとは?

ブランデーの瓶のラベルやネットで購入する時にコニャック(Cognac)やアルマニャック(Armagnac)という表示を見かけたことはありませんか?

お酒の種類や名前のようにも思われてるかもしれませんが、ざっくり言うとブランデーの産地の違いです。

ブランデー通なら知ってるコニャックとアルマニャックの違いとは?

コニャックとアルマニャックはフレンチブランデーの二大銘酒の一つで、「コニャック」はフランスの西部のコニャック地方で生産されたブランデー、「アルマニャック」はフランスの南西部のアルマニャック地方で生産されたブランデーの事をいいます。

という訳で、コニャックとアルマニャック以外の産地で製造されたブランデーは、「コニャック」や「アルマニャック」とは呼べないのです。

コニャックとアルマニャックの味や製造方法の違いとは?

二大銘酒のコニャックとアルマニャックに使われている原料のぶどうは、コニャックは主にユニブランを、アルマニャックにはコロンバール、フォル・ブランシュ、ユニ・ブランなどの白ぶどうが使用されています。

コニャックとアルマニャックの味や製造方法の違いとは?

製造方法は・・・

コニャックは単式蒸留器により二度の蒸留のあとリムザン産のホワイトオークの樽で熟成。アルマニャックは連続式蒸留器による一回蒸留のあとガスコーニュ産のブラックオーク樽での貯蔵となります。

アルマニャックに関しては、単式蒸留器での二回蒸留が認められているのです。

味の違いは・・・

コニャックは素晴らしく洗練されたお酒です。にはコニャックほどの洗練度はありません。ですが、コニャックにはない荒々しさや、か弱さがあります。

コニャックの方が味がやわらかく、日本人ごのみのブランデーのようです。

ブランデーの等級(ランク)と熟成年数の単位「コント」とは?

蒸留して、熟成後販売されるブランデーには必ず「等級」と「コント」がラベルに表示されています。

ブランデーの等級(ランク)と熟成年数の単位「コント」とは?

等級(ランク)は厳密に言えば「熟成度合い」、「熟成年数」を表している単位の事をを「コント」といいます。

等級(ランク) コニャック アルマニャック
スリースター コント2以上 コント1以上
V.S.(Very Special) コント2以上 コント2以上
V.O.(Very Old) コント4以上
V.S.O.P.(Very Superior Old Pale) コント4以上 コント4以上
ナポレオン コント6以上 コント5以上
X.O.(Extra Old) コント6以上 コント5以上
Hors d'âge(オール ダージュ) コント6以上

上記のブランデーの表示は「全国コニャック事務局(BNIC)」と「全国アルマニャック事務局(BNIA)」のフランス事務局よって定められた厳正な基準で、コニャックとアルマニャックのみになります。
なぜか国際的な基準がありません。

コニャックはV.O.(Very Old)がなく、アルマニャックはHors d'âge(オール ダージュ)がありませんが、下の方が等級が良くて熟成年数の長いブランデーになります。

この記事は2017年5月8日に作成したので先の話になりますが、XOの熟成年数の基準がコント10以上になります

2018年4月1日からコニャックにおけるXOの熟成年数基準が変更されます。2018年4月1日以降に出荷されるコニャックXOの最低熟成年数は10年目以降(コント10以上)となります。それにより、コント数はコント10まで基準が設けられます。

フランス全国コニャック事務局
詳細はこちら | コニャックXOの変更に関する原文

ブランデーの熟成年数「コント」の見方

ブランデーの熟成年数の表示で「コント」という単位があり、「コント」の基準日はコニャックとアルマニャックでは違いがあります。

コニャックは「4/1~翌年3月末日」、アルマニャックは「5/1~翌年4月末日」の周期によってコントの数値が変わっていきます。

コントは00から7まであり、コント00(蒸留して出来た年)、コント0(熟成1年目)~コント7(熟成7年目)となります。

コント7以上は基準がないので、各メーカーの設定になります。
※2018年4月1日以降から、コニャックXOの最低熟成年数がコント10以上に変わります。

ブランデーの熟成年数「コント」の見方

ブランデーの製造は特殊で、複数のブランデーを調合して一つのブランデーとして販売されています。
そのため等級にバラつきがあるので、一番下の方のブランデーの等級になっています。

コニャックとアルマニャックの等級基準

コニャックとアルマニャックは産地だけではなく、出荷可能な年数も違います。

「コニャック」はコント2(熟成年数2年)以上、「アルマニャック」はコント1(熟成年数1年)からで、コニャックよりも早くブランデーを販売出来るのです。

コニャックとアルマニャックの等級基準

ブランデーの場合他のお酒と違い同じ等級でも熟成年数が長かったりすると、各メーカーによる等級表示にしている場合もあります。

ラベル表示の規制がないブランデーに関しては、同じ等級の表示にも関わらず、熟成年数や品質に格差があるので注意が必要なのです。

ブランデーの「特級」とは

ブランデーはコニャックとアルマニャックの他に、「特級」という表示があります。

ブランデーの「特級」とは

1953~1989年4月まで流通していた原酒混合率が30%以上の蒸留酒には全て「特級」と表示され、海外の蒸留酒も法律により全て「特級」表示となっていました。

しかし、1989年4月以降は酒税法改定により、「特級」と表示されなくなりました。

そのため「特級」という表示があっても、原酒混合率が製造された年によって基準が変わってしまうのです。

まとめ

コニャックとアルマニャックのブランデーにはフランス事務局の決まりがありますが、それ以外のブランデーには国際的な決まりがなく、法律により原酒混合率や基準が変わっています。

伝統とこだわりのあるブランデーの基準は変更が多くいので、細かくチェックしたら価値のある古酒にめぐりあえそうですね。

関連記事

こちらの記事もおすすめ

Medium alcohol

ブランデーのラベルに表示されているナポレオン!お酒の名前や種類ではないって知ってた?

高級感のあるブランデーのナポレオンとはお酒の銘柄ではないのですね。ブランデーの格付や熟成度合いや年数を表すために使われている「ナポレオン」は、19世紀初めにナポレオン1世に献上された「クルボアジェ」のブランデーに付けられたのが始まりだとか…

Medium tori86 ballantines1720130825 tp v

ウイスキーとブランデーって何が違うの?見た目も雰囲気も一緒のウイスキーとブランデーの違いはこれ!

ウイスキーとブランデーの違いって?色も雰囲気も似ているため区別がつかない人が多数だと思います、、、でもウイスキーとブランデーには決定的な違いが! みんなが知らない違いを知って、飲み会の席などで自慢しちゃいましょう!そんなウイスキーとブラン